2008年08月17日

コードギアス反逆のルルーシュR2 第19話「裏切り」感想

まさか、今回ロロが死んでしまうとは思いませんでした。

序盤でルルーシュは、ロロに本音をぶつけていました。

あの場面八つ当たりにも見えるかもしれませんが、「ロロはナナリーなんかいなくても僕がいるから大丈夫」みたいなことを言ってますからルルーシュが切れるのは当然なんですよ。

まあ、あの状態のルルーシュじゃ八つ当たりしそうなのは確かですが。

ただこの場面を見た時、この二人の関係はうまくいくだろうと思っていました。

うまく言えませんが、このタイミングでルルーシュが本音をぶつけたのはルルーシュにとって幸運だったと思います。

正直、タイミング次第では無理心中になりかねなかったと思います。

タイトルが「裏切り」だったので、ルルーシュが殺されそうになったところでロロが助けに来ると予想はついていましたが、まさかこの段階で死んでしまうとは思いませんでした。

あまり好きなキャラではなかったですが、苦しそうな顔でルルーシュを助ける姿には感動しました。


さてここからが、本題というか今回のシュナイゼルの行動と黒の騎士団の幹部の反応について

前回のスザクとルルーシュの会話が録音されていた時点で、シュナイゼルが何かしてくるとは思っていました。

てっきりディートハルトはもっと積極的に謀反に関わってゼロの名前を守ろうとすると思ってたんですが(彼にとってゼロの中の人はどうでもよくても、ゼロという記号は大事だと思っていたので)、あまり動きがなくて拍子抜け。

まあ、完全に先手を打たれていたので仕方なかったのかもしれませんが。

黒の騎士団は、元々幹部の面々がゼロに不信感を持っていたのとシュナイゼルにうまく誘導されて、あっさりとシュナイゼルの話に乗ってしまった感じ。

しかし、藤堂も含めて幹部連中は人の言うことを素直に受け取りすぎでしょう。

藤堂は頭は切れるとは言っても、こういった交渉事は苦手なんでしょうね。

冷静に判断が出来ていたのはディートハルトだけだと思います。

しかし、扇にはがっかりさせられた。

いつものように彼は、ゼロの弁護をしてくれると思っていたのに好きな女の言うことをそのまま鵜呑みにしてゼロをペテン師呼ばわりするとは思わなかった。

まあ、ヴィレッタは嘘は言っていないと思うけれどいくら好きな女の言うこととは言え敵の言うことをそのまま信じるとは。

結局いつも冷静に仲裁役をする扇の発言がゼロへの不信感を決定づけたと言っていいでしょう。

正直、ルルーシュが黒の騎士団に反乱を起こされるのは仕方ないし、当然だと思いますが、扇の態度には納得いきません。


私はシュナイゼルはこの作品で一番の悪党だと思っています。

シュナイゼルはうまく交渉してルルーシュを黒の騎士団から追い出しました。

本当はあの場で捕えるなり、殺すのが目的だったのでしょうがそれには失敗してしまいました。

ゼロの正体を暴いたことは、これから活きてくる気がします。

黒の騎士団は、ゼロの正体をこれ以上他の人間に知られるわけにはいかないでしょう。

シュナイゼルが、ゼロの正体を世間に発表すればそれだけで黒の騎士団は崩壊します。

つまり、今回の話でシュナイゼルは黒の騎士団に勝利したと言えます。

シュナイゼルはこのネタを使って黒の騎士団を懐柔する気ではないかと思うのです。

今回皇帝は本気で、今の世界を滅ぼす気だということがわかりました。

前回のシュナイゼルのセリフから、シュナイゼルはこの事を知っているか感づいていると思います。

そして多分皇帝の計画は最終段階に入っているのでしょう。

シュナイゼルは、次回皇帝に謀反を起こすのではないかと思っています。

次回予告でジノが槍を突きつけられているのは、ラウンズを捕えようとするシュナイゼル一派の反乱ではないかと。

そうなってくるとシュナイゼルは、黒の騎士団を滅ぼすのではうまみがない。

皇帝と戦うために、黒の騎士団と手を組むのではないかと思います。

今回、扇が日本を返すことを要求していました。

日本を返すことと、ゼロの正体を公表しないことを条件に黒の騎士団はシュナイゼルと手を組む。

これが、シュナイゼルのシナリオではないかと考えています。

まあ、当たるかどうか怪しいですがね(笑)。


シュナイゼルについて語りたいことは、まだまだあるんですが疲れて来たのでこの辺で失礼します。



posted by 鴉 at 23:58| Comment(22) | TrackBack(17) | コードギアス感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話感想

実は先週のラストの辺りの自信満々のシュナイゼルを見て、いつもの自信満々で失敗するルルーシュの姿と重なってしまって、フレイヤのせいでブリタニア側にとんでもない被害が出てシュナイゼルの顔がすごいことになるのを期待していました。

今回フレイヤの被害が多いのはブリタニア側だと思うんですが、シュナイゼルはフレイヤを撃った瞬間にどう見ても笑ってる。

一体何を考えているのか、まるでわかりません。

ただ、この表情を見る限りシュナイゼルはやはりやさしいのは口先だけで、腹の中はろくでもない奴と判断して間違いないかと。

まさか、ナナリーがこの段階でこんな死に方をするとは思えないのであまり心配していませんが、少なくとも当分は死んだということで話が進むんでしょうね。

紅蓮聖天八極式はいくらなんでも強化しすぎな気が。

誰が乗るのか気になっていたけど結局カレン。

ここまで強くなってしまうと更に強化されたランスロット以外歯が立たない気がします。

ラウンズが雑魚化しかねない気が。

結局ルルーシュはロロがナナリーを殺してしまう可能性を少しも考慮していなかった様子。

ルルーシュは人の行動を予想するのは得意だけれど人の心の動きは感じ取る能力は低いなと思います。

やはり、利害関係や相手の普段の行動から行動の先を予想する能力は高いが、人間の心が見えているわけではないと。

天子の扱いにも困っていたのも、利害や理屈で動くタイプではないから理解できなかったのでしょう。

ギルフォード死んでしまいましたが、コーネリアは自力で逃げ出した?

大河内一楼氏によるとコードギアスで登場人物で一番優秀なのはコーネリアかもしれないとのこと。

シュナイゼルは人を使うのはうまいけど、個人の能力はシュナイゼルよりコーネリアの方が上らしいです。

果たしてコーネリアはこれからどう絡んでくるのか?

次回はディートハルト辺りが謀反でも起こす気がしますが、はたして?

まさか、本当にナナリー死んでないですよね?

これで死んだのだとしたら、あまりにひどい。




鬱・・あ!ハルヒ新刊!驚愕いつ・・・!いつ/コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話 感想/感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話/コードギアス 反逆のルルーシュ R2」第18話/コードギアスR2 第18話感想/コードギアス反逆のルルーシュR2 第18話/コードギアス 18話 ネタバレという感想/コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話/コードギアス反逆のルルーシュR2 第18話/コードギアス 反逆のルルーシュR2」第18話の感想/コードギアス感想/コードギアスR2 18話/コードギアス 反逆のルルーシュR2」第18話/話感想
posted by 鴉 at 00:27| Comment(0) | コードギアス感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。